Subscribe via RSS Feed

2018年同窓会開催のお知らせ

中央大学理工学部精密機械工学科 卒業生,在校生のみなさまへ

精密機械工学科同窓会,会長の竹村でございます.
日頃は同窓会活動へご支援いただき御礼申し上げます.
毎年恒例の同窓会を開催いたします.
卒業生在校生であればどなたでもご参加できますので,お誘い合わせの上,是非ご参加いただければ幸いです.

本年度の開催は,理工白門祭(学園祭)の期間中であり,同窓会の後に理工学部初の理工ホームカミングデーも開催されます.
研究室の見学や卒業生による講演などを通し,同窓会と併せてお楽しみいただけるかと思います.

・学園祭中は学内での飲酒は不可となっております.あらかじめご了承ください.
 プログラム終了後、旧友とともに後楽園界隈のお店に出向かれてはいかがでしょうか.
・理工ホームカミングデーの詳細につきましては,『理工学部のホームページ』や学員時報をご覧ください.

▼同 窓 会 概 要
【開催日時】2018年11月3日(土曜),11時-12時45分
【開催場所】後楽園キャンパス 2号館2221号室
【会  費】1,000円(会場にてお支払いください) ※軽食をご用意いたしております.

事前申し込みについては,メールでの回答でお申込み頂くようお願い申し上げます.
回答フォームは以下をご利用下さい.
回答期限:準備の関係でお早目にご回答を頂けますと幸甚です.
返信先:office@alumni.mech.chuo-u.ac.jp

・「2018年同窓会」:出席します or 欠席します
・精密機械工学科同窓会:卒業生 or 修了生
・お名前: 様
・卒業時研究室名: 研究室
・修了時研究室名: 研究室
・卒業年: 年 月学部卒
・修了年: 年 月院修了
・郵便番号:〒 ・住所:
・メールアドレス:

【次  第】
(1)同窓会会長挨拶 竹村 秀康
(2)精密機械工学科の昨今の状況について 教授 戸井 武司
(3)精密各研究室の紹介スライド
(4)精密新任教員による講演会
演 題:難削材切削時の工具寿命延長のための自己保護工具の利用法
概 要:難削材切削時,被削材と工具材との親和性が高いため凝着現象が激しくなることから,工具損傷が生じやすいことが知られている.
そこで,本研究では,難削材切削における工具を構成凝着層の積極的な有効利用によって自己保護工具化するという利用法を提案する.
講演者:助教 宋小奇
(5)懇親会
(6)全体集合記念写真撮影

※同窓会会場には、精密各研究室を紹介するポスターが展示されます.
※会の様子をデジカメで撮影し,ホームページへ掲載いたします.
※当学科卒業生・在校生であればどなたでもご参加頂けます.
※自由な服装でお越し下さい.
※公共交通機関をご利用ください.

★2号館へのアクセス★


丸ノ内,南北線の後楽園駅が便利です.


2号館は東門守衛のすぐ近くです.

Category: 新着ニュース&お知らせ

About the Author:

Leave a Reply




If you want a picture to show with your comment, go get a Gravatar.